デブに飽きたら観るサイト【デブグラ】DEBU Graduation

でぶ ダイエット 女┃デブを卒業したい!

でぶ女がダイエットして女の戦いを制する方法

「いま、でぶ専ダイエットが女性に人気!?」
「デブがダイエットするのは大変?」

男性と女性でデブであることによる人生の難易度の変化を比べると一般的に女性の方が厳しくなる傾向にあります。

ここでは、デブ女性が人生ハードモードになる理由と簡単な解決方法を説明していきます。

デブな女性が損していること

デブな女性が損していること

デブが人生ハードモードになる最大の理由は職場での立場です。男性の場合は単純に不潔さが嫌われるだけで済みますが、女性の場合は体型が一定のボーダーラインを超えてしまうと仕事にも悪影響が出ます。

豊満な体とデブの境界線は曖昧ですが、要は年齢も含めた見た目が全ての世界です。

ただし、肥満はごまかしようのない絶対的なデブです。
客観的に見ても、豊満な体デブの境目ってありますよね。

ですが、どれだけ装いなど見た目でカバーできたとしても肥満はデブでしかありません。

あなたの周囲にいる企業勤めのデブ女性は順調にキャリアアップできていますか?豊満と見られている女性に比べてデブ女性は堕落の象徴と判断されてどこかで脱落しているのではないでしょうか。

豊満な体とデブの違い

豊満な体の人とデブの明確な違いは自己管理能力の有無です。女性の中にも体格自体が大きい人やスポーツのために体重を上げている人もいます。しかし、これらの人は一定のラインを保つための自己管理をしているので大きく崩れることがありません。

豊満な体は一部のスポーツで有利になるだけでなく健康的に見えるので痩せ過ぎな体よりも印象が良いというメリットがあります。また、豊満な体が目立った場合も見た目の綺麗さや人当たりの印象、清潔感でカバーすることもできます。

しかし、怠惰なデブはどうしようもありません。

見た目がキレイな豊満な女性なら恋愛や結婚も順調に進む可能性が高いですが、怠惰なデブはおそらく難しいでしょう。普通はそんな女性を敢えて選ぶ男はいません。他に特別なものを持っていれば別ですが…。そういった意味でもデブは人生ハードモードになりやすいと言えます。

デブの基準は肥満と他人からの見た目ですが、自己管理でキレイを保っている間は怠惰なデブと言われることはないでしょう。

デブな女が受ける差別

怠惰なデブとみなされるのは日頃から動きが遅く常に何かを食べている印象が強い人です。二段腹三段腹になり、肌が荒れ、少し動いただけで汗をかき、髪もボサボサ、バッグやデスクの引き出しにはチップスターが入っているような女性っていますよね。そんな人です。

極端に我儘な性格と小汚い印象も加われば周囲から邪魔な存在との印象を持たてしまいます。男性の場合は女性社員から汚いなどと嫌われがちですが、デブが受ける被害は男性よりも女性の方が陰湿です。

特に、女性中心の職場は社員同士のマウントの取り合いが多く、デブに限らず自分が少数派になると職場でいじめや孤立などの被害を受け易くなります。立場が弱くなると更に陰湿になるのでなるべく早いうちに改善策に取り組んで相手を見返すことが必要です。

そのためにはダイエットをするしかありません。

逆に、デブ女性がマウントを取っている職場もありますが、その場合はその人が女帝と呼ばれるなどかなり厄介な存在になっていませんか?我儘傲慢な性格が化身となって体型に現れている女はどんな会社にもいるはずです。

デブが就職できない仕事

また、デブは職業で実質的な差別を受けることがあり、その一例が飲食店のデブ嫌いです。

例えば鮨屋にはデブ職人お断りの店がたくさん存在しますが、差別的な扱いになるので表立って言うようなことはありません。

飲食店以外にもスタッフを採用するとき裏では体型を含めた見た目の基準が存在しています。パチンコ店の女性スタッフも見た目が重要なのでデブが採用される可能性は極めて低く、鳶職のように身軽さが求められる仕事も安全上の理由から採用される可能性は極めて低いでしょう。

飲食店の場合は客入りが多い小さな飲食店ほどそのような事が多いのが実態です。その基準があるのは狭い厨房やフロアにデブが居たら他のスタッフやお客さんが通りにくくなり業務に支障があるからというものです。

飲食店の仕事に就くことは難しいですが、客として料理を美味しそうに食べるデブは店に大歓迎されます。

でぶがダイエットするなら女の目線がポイント

でぶがダイエットするなら女の目線がポイント

でぶな女性が前項で説明したような状況を改善しようと思ったら、ダイエットをして見た目を良くしていくしかありません。ストレスで過食になり太ってしまった場合も含めて、まずは食事量を減らすことが大前提になります。

ダイエットと意気込むまでもなく、朝昼夕の3食以外に食べている物とジュースの摂取を止めましょう。それをするだけでダイエット効果があるだけでなく周りに与える印象も大きく変わります。

誘惑を制御することは最も難しいことの一つですが、これができるかできないかで今後の人生の難易度が大きく変わってきます。

ここでは、でぶがダイエットをしなければならない理由とおすすめの方法を紹介します。

でぶコンプレックスから逃れる方法

世の中には、会社で働いていたけど社内でいじめられ自宅に引きこもってしまった人もたくさんいます。その中にはデブがコンプレックスになって精神的に辛い思いをした人もかなりの数います。

ですが、自宅に引きこもると更に生活が荒れデブ化が加速してしまいますので危険です。

コンプレックスには「どうにかできるもの」と「どうにもならないもの」の2種類があるのはご存知ですか?

デブは病気ではない限り最終的な原因は自分にありますので、どうにかできるコンプレックスに該当します。

しかし、どうにかできるコンプレックスの対策は改善しかありませんので簡単です。逆に、どうにもならないことがコンプレックスになっている人は整形しない限り治すことができませんし整形でも治せないものもありますのでかなり辛い思いをします。

それに比べたら、でぶがダイエットしたら女も男も痩せるのが救いではないでしょうか。

でぶ女がダイエットするなら女性専用ジムを選ぶ

デブの敵は女です。女性がデブでも男性がデブの場合もデブであることを批判し差別的な扱いを先導するのは女性であることが多いためです。

しかし、同じ悩みやダイエットをするという目標を持った女性が集まれば共にダイエットに取り組むことができますし、更にやる気を出すなら自己研鑽でトレーニングジムに通うスマートな女性の目に晒されながら必死に取り組むのもおすすめです。

デブに見られるうちは女性専用ジムでトレーニングをする方がおすすめです。他の女性の目に晒されながらトレーニングするだけでなく、男性の目線を気にしなくて良いこともメリットです。

更に緩く始めたいなら女性専用フィットネスがおすすめです。

 

若い女性におすすめ!近所のティップネスらくらくWeb入会はここをクリック

 

そして、ある程度まで体が絞られてきたら女性専用を卒業して男女共有のジムで男性の目線の中でトレーニングに励むとやる気も効果も上がるので壁にぶつかったとしても乗り越える手段の一つになるはずです。

「他人と関わるのが嫌だ!」という人は、高額ですがプライベートジムで徹底管理されるダイエットがおすすめです。

デブから卒業したい

「デブはデカイし重いから、
   電車賃2倍取ればいいのに」
ギュウギュウ詰めの通勤電車で、こんな会話が聞こえてきました。人々に押されてイライラする満員電車で座っているヒトが優雅に観えたのでしょう。腹いせに、わざと聞こえる様に、放たれたその言葉に、座っていた肥満女性は寝たフリを続けるしかありませんでした・・・

薄暗い部屋でうなだれているデブの男性の姿と「デブは場所取るから邪魔」の文字の画像

こんにちは。
本サイトデブグラは「デブを卒業するのが目的」のサイトです。「デブに飽きたら観る」サイトです。

太っている事を誹謗中傷したり、傷つける事が目的ではありません。

デブである事に愛情や愛着を持っている方は、不快感を覚える可能性があるのですぐにこのサイトを閉じる事をおすすめします。

安心してください。管理人の私自身デブなのです。ただし「デブを卒業したいデブ」です。

実はGoogleの検索市場でも「デブ」という言葉は広告出稿できません。

別の表現もできます。「ふくよかな体」「豊満な体」「ぽっちゃり系」「肥満」「肥満体質」でも呼び方をオブラートに包んで意味があるのでしょうか?

そんなゆるい事を言って、傷つかない様にしていたところで、この体型は治らないのです。

私は正直デブである事に疲れました。齢43歳、正直身体もシンドいです。

世の中には太っている事が幸せの象徴であったり。太った人にしか、愛情を感じない人もいます。

しかし、私はそうではありません。

本当にデブを卒業したい。

今まで、何度もダイエットに挑戦しました。15Kgのダイエットに成功した事もあります。しかし、今は元のデブなのです。どうしてすぐにリバウンドしちゃうのか?

私が出した結論は、

───────────────
デブに甘い事言っても、
すぐに甘えて、
すぐに甘いモノ食べちゃうから
本音で叩き直さないかんよ!
───────────────

という事です。

観る人によっては誹謗中傷に聞こえる記事もあります。デブである事のデメリットも並べてあります。ですので、メンタル弱い人は出ていってください。ですが、本当にデブを卒業しいたなら誹謗中傷で傷つくぐらいの出来事が必要です。

本当に悔しい!と思わなかければ、なかなか気持ちは切り替わりません。

「ダイエット」などと、横文字を使ってやわらか〜くしているから甘えるのです。今日から「減量」と言いましょう。ボクサーっぽく。私達の目的は「肉体改造」なのですから。

悔しい思いも原動力に変えて、一緒にデブを卒業しましょう!

では、ビジュアルから自分がどういうフォルムなのか再認識して痛感していきましょう。こちらの画像を見てください。

うたた寝するデブ

なんて美しくないんでしょうか?

ダラダラするデブ

なぜか、ふてぶてしく見えます。

 ちょっと走っただけですぐに疲れるデブ

これっぽちも心配になりません。

食い意地がすごいデブ

人間の煩悩が丸出しです

オシャレするデブ

これが、私達デブの姿です。直視すべきです。

精一杯オシャレしても、面白くみえるんです。どうしてもコミカルになってしまう。それを狙っているのなら別なんですが、おしゃれする目的は「かっこいいと思われたい」「かわいいと思われたい」ですよね。ですが「面白い」と思われてるんです。女性芸人も体型をネタにしている方が多い様に思いますが、あれは職業です。

あなたは、周りの人にどう思われたいですか?

1.面白い人と思われたい

2.かっこいい(かわいい)人と思われたい

 

面白いにも種類があります。あなたはどう感じていますか?

1.会話がユニークで面白いと思わている(と思う)

2.体型も込みで、面白いと思わている(と思う)

 

もし、あなたが、お笑い芸人を目指している理由でも無く、
かっこいい(かわいい)と思われる人間になりたいのなら。

ゆるい事を言っていないで、一緒に気持ちを切り替えて肉体改造しましょう。

一緒にです。

減量に成功すると「周りの目」が変わるだけではありません!

困難に打ち勝った自分!達成できた喜び!なにより自分自身が「自信に満ち溢れる」んです。こうなるともう、仕事もプライベートも恋愛もなんでも上手く行きくようになります!

精神論を言っているのではなく、自分の中に自信ができた時、顔つきもオーラも変わるんです。そう外見を変える事で内面も変わるんですよ。

「痩せられるかな?」ではなく「痩せる」んです。あなたは出来る人です。

さあデブを卒業しましょう!

 

▼楽して痩せる
 サプリメントで痩せる(Coming Soon)
 通勤時間で痩せる(Coming Soon)
 家事を利用して痩せる(Coming Soon)
 仕事を利用して痩せる(Coming Soon)

▼短期集中で痩せる
 ファスティング(断食)で痩せる(Coming Soon)

▼運動して痩せる
 フィットネスで痩せる(Coming Soon)