デブに飽きたら観るサイト【デブグラ】DEBU Graduation

月別: 2020年3月

でぶ女がダイエットして女の戦いを制する方法

「いま、でぶ専ダイエットが女性に人気!?」
「デブがダイエットするのは大変?」

男性と女性でデブであることによる人生の難易度の変化を比べると一般的に女性の方が厳しくなる傾向にあります。

ここでは、デブ女性が人生ハードモードになる理由と簡単な解決方法を説明していきます。

デブな女性が損していること

デブな女性が損していること

デブが人生ハードモードになる最大の理由は職場での立場です。男性の場合は単純に不潔さが嫌われるだけで済みますが、女性の場合は体型が一定のボーダーラインを超えてしまうと仕事にも悪影響が出ます。

豊満な体とデブの境界線は曖昧ですが、要は年齢も含めた見た目が全ての世界です。

ただし、肥満はごまかしようのない絶対的なデブです。
客観的に見ても、豊満な体デブの境目ってありますよね。

ですが、どれだけ装いなど見た目でカバーできたとしても肥満はデブでしかありません。

あなたの周囲にいる企業勤めのデブ女性は順調にキャリアアップできていますか?豊満と見られている女性に比べてデブ女性は堕落の象徴と判断されてどこかで脱落しているのではないでしょうか。

豊満な体とデブの違い

豊満な体の人とデブの明確な違いは自己管理能力の有無です。女性の中にも体格自体が大きい人やスポーツのために体重を上げている人もいます。しかし、これらの人は一定のラインを保つための自己管理をしているので大きく崩れることがありません。

豊満な体は一部のスポーツで有利になるだけでなく健康的に見えるので痩せ過ぎな体よりも印象が良いというメリットがあります。また、豊満な体が目立った場合も見た目の綺麗さや人当たりの印象、清潔感でカバーすることもできます。

しかし、怠惰なデブはどうしようもありません。

見た目がキレイな豊満な女性なら恋愛や結婚も順調に進む可能性が高いですが、怠惰なデブはおそらく難しいでしょう。普通はそんな女性を敢えて選ぶ男はいません。他に特別なものを持っていれば別ですが…。そういった意味でもデブは人生ハードモードになりやすいと言えます。

デブの基準は肥満と他人からの見た目ですが、自己管理でキレイを保っている間は怠惰なデブと言われることはないでしょう。

デブな女が受ける差別

怠惰なデブとみなされるのは日頃から動きが遅く常に何かを食べている印象が強い人です。二段腹三段腹になり、肌が荒れ、少し動いただけで汗をかき、髪もボサボサ、バッグやデスクの引き出しにはチップスターが入っているような女性っていますよね。そんな人です。

極端に我儘な性格と小汚い印象も加われば周囲から邪魔な存在との印象を持たてしまいます。男性の場合は女性社員から汚いなどと嫌われがちですが、デブが受ける被害は男性よりも女性の方が陰湿です。

特に、女性中心の職場は社員同士のマウントの取り合いが多く、デブに限らず自分が少数派になると職場でいじめや孤立などの被害を受け易くなります。立場が弱くなると更に陰湿になるのでなるべく早いうちに改善策に取り組んで相手を見返すことが必要です。

そのためにはダイエットをするしかありません。

逆に、デブ女性がマウントを取っている職場もありますが、その場合はその人が女帝と呼ばれるなどかなり厄介な存在になっていませんか?我儘傲慢な性格が化身となって体型に現れている女はどんな会社にもいるはずです。

デブが就職できない仕事

また、デブは職業で実質的な差別を受けることがあり、その一例が飲食店のデブ嫌いです。

例えば鮨屋にはデブ職人お断りの店がたくさん存在しますが、差別的な扱いになるので表立って言うようなことはありません。

飲食店以外にもスタッフを採用するとき裏では体型を含めた見た目の基準が存在しています。パチンコ店の女性スタッフも見た目が重要なのでデブが採用される可能性は極めて低く、鳶職のように身軽さが求められる仕事も安全上の理由から採用される可能性は極めて低いでしょう。

飲食店の場合は客入りが多い小さな飲食店ほどそのような事が多いのが実態です。その基準があるのは狭い厨房やフロアにデブが居たら他のスタッフやお客さんが通りにくくなり業務に支障があるからというものです。

飲食店の仕事に就くことは難しいですが、客として料理を美味しそうに食べるデブは店に大歓迎されます。

でぶがダイエットするなら女の目線がポイント

でぶがダイエットするなら女の目線がポイント

でぶな女性が前項で説明したような状況を改善しようと思ったら、ダイエットをして見た目を良くしていくしかありません。ストレスで過食になり太ってしまった場合も含めて、まずは食事量を減らすことが大前提になります。

ダイエットと意気込むまでもなく、朝昼夕の3食以外に食べている物とジュースの摂取を止めましょう。それをするだけでダイエット効果があるだけでなく周りに与える印象も大きく変わります。

誘惑を制御することは最も難しいことの一つですが、これができるかできないかで今後の人生の難易度が大きく変わってきます。

ここでは、でぶがダイエットをしなければならない理由とおすすめの方法を紹介します。

でぶコンプレックスから逃れる方法

世の中には、会社で働いていたけど社内でいじめられ自宅に引きこもってしまった人もたくさんいます。その中にはデブがコンプレックスになって精神的に辛い思いをした人もかなりの数います。

ですが、自宅に引きこもると更に生活が荒れデブ化が加速してしまいますので危険です。

コンプレックスには「どうにかできるもの」と「どうにもならないもの」の2種類があるのはご存知ですか?

デブは病気ではない限り最終的な原因は自分にありますので、どうにかできるコンプレックスに該当します。

しかし、どうにかできるコンプレックスの対策は改善しかありませんので簡単です。逆に、どうにもならないことがコンプレックスになっている人は整形しない限り治すことができませんし整形でも治せないものもありますのでかなり辛い思いをします。

それに比べたら、でぶがダイエットしたら女も男も痩せるのが救いではないでしょうか。

でぶ女がダイエットするなら女性専用ジムを選ぶ

デブの敵は女です。女性がデブでも男性がデブの場合もデブであることを批判し差別的な扱いを先導するのは女性であることが多いためです。

しかし、同じ悩みやダイエットをするという目標を持った女性が集まれば共にダイエットに取り組むことができますし、更にやる気を出すなら自己研鑽でトレーニングジムに通うスマートな女性の目に晒されながら必死に取り組むのもおすすめです。

デブに見られるうちは女性専用ジムでトレーニングをする方がおすすめです。他の女性の目に晒されながらトレーニングするだけでなく、男性の目線を気にしなくて良いこともメリットです。

更に緩く始めたいなら女性専用フィットネスがおすすめです。

 

若い女性におすすめ!近所のティップネスらくらくWeb入会はここをクリック

 

そして、ある程度まで体が絞られてきたら女性専用を卒業して男女共有のジムで男性の目線の中でトレーニングに励むとやる気も効果も上がるので壁にぶつかったとしても乗り越える手段の一つになるはずです。

「他人と関わるのが嫌だ!」という人は、高額ですがプライベートジムで徹底管理されるダイエットがおすすめです。

フィットネスに通う女性の目的と得するフィットネスの使い方【超お得】

「最近のフィットネスは女性だらけ」

太った女性(おばちゃん)をよく見かけるけど痩せる気配はありません。
あのおばちゃんが何のためにフィットネスに通っているのか不思議に思ったことはありませんか?

ここでは、女性がフィットネスに通う目的について説明していきます!

フィットネスに女性が通う目的は○○!

フィットネスに女性が通う目的

一般的に女性がフィットネスに通う目的は痩せたいand運動したいの2つですが、おばちゃんたちがフィットネスに集まる理由はもう一つあります。

楽しみたい

みんな遊びのような感覚で楽しいから通っています。それがなければ敢えて疲れることをしませんし、人前で汗まみれになるのもイヤですよね。

最初は痩せるとか運動することが目的で入会しますが、数回通って話し相手ができた瞬間に目的が楽しむことに変わってしまうことが多いようです。

フィットネスに通う女性のほとんどの人が、いつまでたっても痩せる気配がないのが何よりの証拠ですね。

フィットネスで痩せるためには集中力が必要

フィットネスに通う目的としてダイエット効果を期待していることも多いのではないでしょうか。ダイエットは楽なものではありません。

しんどいことを続けるためには何か楽しみが必要ですが、楽しむことが目的になった瞬間に痩せることが難しくなってしまいます。

フィットネスで痩せるためには集中力が必要

なぜなら、フィットネスで効率よく痩せたいなら、痩せるためのメニューを選ぶだけでなく集中力を高めて行わなければなりません。痩せるために必要なのは簡単な運動ではなくワークアウトとして取り組むことです。

ワークアウトに集中できない環境で行う運動は、ながら運動ですのでダイエット効果は半減してしまいます。

でも、実際は痩せることを途中で諦める人もたくさんいますよね?

そんな人でもフィットネスを続けられるようにイイコトを教えましょう。

ながら運動の成果とは

ながら運動でも必ず実現できることは運動している成果による筋力低下の予防です。ながら運動になるとダイエット効果は著しく低下しますが、体を動かすという身体機能的な部分に目を向けると成果を出すことは不可能ではありません。

基本的な身体機能を保つためには、腕部、脚部、腰部、肩部、腹部など全身各部の筋力を低下させないことが必要です。

ながら運動はランニングが最適

筋力を向上させようとすると部分的に集中して大きい負荷をかけるトレーニングが必要になりますが、筋肉を動かすということを目的にするならランニングマシンで数十分間のランニングをするだけでも一定の成果を出すことができます。

硬い路面を走ると体全体に振動が起こりますが、この刺激が実は全身の筋肉に負荷として響き渡っています。

ランニングマシンで走るだけなら安全なので、本を読みながら、音楽を聴きながら、ゲームをしながら楽しく取り組むことが可能です。このような方法であれば、集中力が持続しない人にとっても他の何かをするついでに走るということができるので継続しやすくなるのではないでしょうか。

もし、フィットネスを楽しんで運動する場にするならとりあえず走りましょう。

 

若い女性におすすめ!近所のティップネスらくらくWeb入会はここをクリック

 

ついでに、フィットネスで走って得するおすすめの方法を紹介しておきます。

女性がフィットネスを継続させるコツ【お得】

女性が何かを継続しようとするならお得な何かがあることが大きな魅力になりますよね。それがお金に相当するものだとどう思いますか?

ランニングマシンでは位置情報系のゲームを進めることはできませんが、あるアプリを同時に使うことでお得に走ることができます。

ドラッグストアや保険会社のアプリの使用がおすすめ

最近は健康志向が高まり企業も健活に力を入れています。

例えば、ドラッグストアや保険会社が提供するアプリには歩数計を使ったキャンペーン機能が導入されているところがあるのをご存知ですか?

この機能を使えば、歩いて貯まったポイントを使った割引のほか、景品交換や懸賞の応募ができます。

もし数十分間走れば、かなりの歩数を稼げるのでお得にキャンペーンポイントゲットできます。特に主婦層がフィットネスでランニングマシンを使うならせっかくの機会を逃さないようにしましょう。

45歳以上大阪限定のフィットネス♪ドラッグストアのポイントも貯まる